エアコンの暖房が効かない?対応に困った話

エアコンの暖房が効かない?対応に困った話

はじめに

ここ最近になってどうもエアコンの暖房の効きが悪いなと思い、風の吹き出し口に手を当ててみると涼しい風が出ていることに気づきました。

なるほど、寒く感じるわけ。

ということで対応をしているのですが、結構困っています。

本当に暖房効いていないのか

寒いなぁと思いつつ、でも実は正しく動いていて、温度相応の温風が出ているのでは?という可能性がないかを考え始めました。

エアコンの設定温度を26度に設定しているのですが、出てくる風の温度は肌感だいたいこの程度で合っているのかもしれない。

そう思ってしばらく困っていたのですが、暖房を31度に設定してみたら明らかに暖かい風が出るはずなので、試してみたところ、変更する前と同じ風だったので、やはり暖房が効いていないということが分かりました。

なぜ暖房が効いていないのか

となるとどうして暖房が効いていないのかを考え始めます。

エアコンを設置して約1年が経ちました。

設置当初が2月でその当時も暖房を使っていて暖かかったことを覚えています。

その後、夏頃に室内機から水漏れがあり、設置してくれた施工業者に見てもらって直してもらいました。

そして、この2月頃になって暖房が効かないことに気がつきました。

自分で暖房が効いていない原因を調べるのは難しいなと思いました。

施工業者に相談してみる

ネットで調べてみるとガスが抜けているのかなと思ったりしましたが、やはり自分は素人なのでプロに聞くのが早いだろうと思い、施工業者に相談してみることにしました。

相談したところ、施工ミスとエアコン本体の不良の可能性があることが分かりました。

どちらに原因があるのかを確認するためにエアコン本体の製造元の相談窓口に問い合わせることを勧めてもらいました。

エアコン製造元の相談窓口に問い合わせる

エアコン本体に付属していた説明書に書かれた相談窓口に電話をしてみます。

自動音声で案内されてオペレーターに電話がつながり、エアコンの症状を説明します。

コンセントを抜いて5分待ち、再度コンセントを接続して暖房を起動して20分程度待って症状が改善されなければ修理に出すように言われました。

修理に関しては、1年以内であればメーカー保証がありますが、1年を超えていれば自己負担であることを伝えられました。

出張費用と現場での確認の上で修理の見積もりを作成する費用がかかるとのことです。

今回の場合は1年を1週間程度超えているので自己負担とのことでした。

案内に従って修理を依頼したところ、5日後くらいに来てくれるようです。

エアコン製造元に相談して修理に来てもらった

(この記事を書いている時点ではまだ修理に来てもらっていないので、あとで追記します。)

エアコンの暖房が効かない場合の対応フロー

  • 暖房が効かないことを確認する
  • 暖房が効かないことを施工業者と製造元に伝える
  • その結果に応じて施工業者に来てもらうか、製造元の修理に来てもらうか決まるはず

まとめ

今回はエアコンの暖房が効かなくなって困った話を共有しました。

エアコンが効かなくなることなんてこれまでなかったのでとても困りました。

そして、どう対応すれば良いか困りました。

誰に相談すれば良いのかも最初は当惑していて悩みました。

しかし、結果的には施工業者や製造元に問い合わせるのが良い方針だとわかりました。

落ち着いて考えればそんなに困ることもなかったはずですが、エアコンが壊れるわけない、動くのが当然という思い込みがあったように思います。

ともあれ、みなさんの参考になれば幸いです。

乳幼児の育児にはいくらかかる?1歳までの生活費まとめ

乳幼児の育児にはいくらかかる?1歳までの生活費まとめ

はじめに

みなさんお久しぶりです。

いかがお過ごしだったでしょうか。

私たちの息子は1歳3ヶ月になりました。

良いタイミングなので1歳になるまでに毎月どれくらい育児にお金がかかったのかをまとめてみようと思います。

これから育児を始める方の参考になれば幸いです。

主な出費は

さて、主な出費はなんだったのか。

ミルク

私たちの場合は、最初のうちは母乳とミルクの混合でしたが、途中からミルクに一本化しました。

なので、毎月ミルクの費用がかかりました。

産婦人科でもらった「明治ほほえみ」をその後も継続して使いました。

これが1週間に1缶くらいなので、毎月4缶くらい。

1缶あたりだいたい税込1850円くらいでしたので、毎月7400円くらいですね。

おむつ

おむつも毎月必要になります。

最初のうちはサイズの小さいおむつで1ケースあたりの枚数が多いですが、サイズが大きくなってくると枚数も少なくなってくるので体が大きくなるにつれて費用は増える感じです。

とはいっても、体が小さいうちはおむつの消費量も多く、体が大きくなると消費量が減っていくので費用は同じくらいかもしれません。

月に2-3ケースくらいですかね。

私たちは「メリーズ素肌さらさらエアスルー」を使っていて、1ケースあたり税込1200円程度として、月に2400-3600円程度ですね。

おしりふき

おしりふきも結構消費しますね。

半年程度は「ムーニー おしりふき やわらか厚手」を使っていましたが、その後は「ムーニー おしりふき やわらか素材」に切り替えました。

最初のうちは便が緩いので厚手のタイプを使って、便が固まるようになってきたタイミングで薄手のタイプに切り替えた感じです。

いつもだいたい8個入りのパックを買っていましたね。

最初のうちは月に3-4個で、便が固まるようになると月に2個程度で済むようになりました。

細かい金額は変動するので避けますが、1パック8個入りで1000円として、月に500円程度ですかね。

洋服

服も必要に応じて。

誰かからもらうこともあったりして、私たちはそれほど洋服を購入していませんでした。

西松屋に行った際に買うとかはしていましたね。

毎月買うことはなくて、季節の変わり目に買うことが多かった感じです。

月に平均すると1000円程度ですかね。

医療費

診察もお薬も無料だったので日常的な出費はありませんでした。

とはいえ、任意項目の予防接種には費用がかかりました。

ロタウイルスが1回1万円程度で2回だったので合計2万円程度。

おたふく風邪が7700円くらいだったと思います。

単発の出費として合計すると3万円程度ですね。

おもちゃ

私たちの場合はおもちゃの出費が比較的多いかもしれません。

基本的にはあまり出費しないようにしている中で、おもちゃは結構買っていた感じです。

西松屋に行って音が出るおもちゃを買ってみたり、メルカリ等でモンテッソーリ系のおもちゃを買ってみたり。

月にすると3000-4000円程度ですかね。

毎月の生活費は

ミルクが7400円程度、おむつが2400-3600円程度、おしりふきが500円程度、洋服が1000円程度、おもちゃが3000-4000円程度ということで、合計すると月に14300-16500円程度。

年に換算すると171600-198000円ですね。

そこに医療費を加えるとだいたい20万~23万くらいです。

思いつく限りでまとめてみたのでおそらくこれが下限であり、実際にはもう少しかかっているはずです。

まとめ

今回は乳幼児が1歳になるまでの育児にいくらかかったのかを振り返ってみました。

ざっくりとした振り返りではありますが、こうして改めて見てみると安くはないなという印象です。

子育ては計画的にということなのでしょうね。

ミルクを飲むスピードが遅い?哺乳瓶を変えたら劇的に早くなりました

ミルクを飲むスピードが遅い?哺乳瓶を変えたら劇的に早くなりました

はじめに

みなさんおひさしぶりです。

私たちの息子もようやく2ヶ月を過ぎました。

うちは母乳とミルクの混合で育てていますが、ミルクを飲む時間が結構長くてあまり量を飲めない状態に困っていました。

ところが、哺乳瓶を変えたところ劇的にミルクの量と飲むスピードが良くなりましたのでみなさんにもご共有したいと思います。

とはいえ、これは私たちの息子の体験談であり個人差はあると思いますので参考程度にご覧いただければと思います。

ミルク瓶を変える前の状態について

生まれてからミルク瓶を変えるまではピジョンの「母乳実感 哺乳瓶」を使っていました。

これは親戚の子どものお下がりでいただいたもので、結構重宝していました。

ミルクを飲むスピードが遅い

生まれてからしばらくの間は特に不満なく哺乳していたのですが、ミルクの量が140mlを超えるあたりから哺乳時間が30分から40分程度かかるようになりました。

ミルクを飲む時間が長くなれば長くなるほど、赤ちゃんも疲れてしまい、飲むスピードと量が低下していきます。

ミルク瓶の乳首を変えてみる

飲むスピードが遅く哺乳に時間がかかるのでミルク瓶の乳首のサイズを大きくしてみることにしました。

ピジョンのミルク瓶を使っていたので、ピジョンの乳首をサイズアップしていきました。

3ヶ月からのMサイズにしてみて、6ヶ月からのLサイズにしてみて、とサイズアップしてみましたがどうやらうちの息子には効果がみられず、飲むスピードは改善されませんでした。

aventのミルク瓶を採用してみた

この辺りからベトナム人の妻がSNS等のネットワークを通じて「avent」のミルク瓶が息子に適しているのではないかと考え始めました。

aventのミルク瓶について

ミルクを飲むスピードが遅い?哺乳瓶を変えたら劇的に早くなりました

aventはオランダに本拠を置くフィリップス社の製品です。

私たちが選んだのは「Philips Avent Natural baby bottle SCF693/27」です。

私たちがよくお世話になっている西松屋にはaventのミルク瓶がないですし、日本ではなかなか売られていないようなので存在自体を知らないという方も少なくないかもしれません。

しかし、世界的には有名なミルク瓶のようです。

ミルク瓶を変えてどうなったか

ミルク瓶を変えてからすぐに変化が見られました。

幸いうちの息子はミルク瓶を変えても拒否することなく飲んでくれたので良かったですね。

早く飲めるようになった

明らかにミルクを飲むスピードが早くなりました。

これまで140ml程度で30-40分程度かかって、後半は寝ながら飲んでいたわけですが、ミルク瓶を変えてからは10分程度で飲むようになりました。

よく飲むようになった

これまでは1回に飲む量が140ml程度、多くて160ml、で少ないと120mlという状態でしたが、ミルク瓶を変えてから200ml飲むようになりました。

多いと220ml、少ないと180mlという感じです。

だいたい15分程度で飲むようになりました。

夜によく眠るようになった

飲む量が増えたことの副産物というか、夜によく眠るようになりました。

ミルク瓶を変えてからは1日(だいたい6:00-18:00)に4回の哺乳で合計800ml程度を飲むようになりました。

日中に十分な量のミルクを飲むことで1日の最終の哺乳から次の日の最初の哺乳までの約11時間程度の間寝られる日がちらほら出現するようになりました。

まとめ

というわけで今回は哺乳瓶を変えたらミルクを飲むスピードと量が格段に早くなった体験談をみなさんにご共有しました。

あくまで1つの体験談ですので、すべての赤ちゃんに適しているかどうかはわかりませんが、試してみる価値はあるかもしれません。

ベトナム人の妻が日本で出産!出産後の手続きとは?

ベトナム人の妻が日本で出産!出産後の手続きとは?

はじめに

出産を終えて一息つく間も無くいろいろとやっておくべきことはあります。

私たちの場合は日本とベトナムの国際結婚であり、日本で出産することになりました。

赤ちゃんが生まれたときに、赤ちゃんの国籍はどうなるのか。

出生届を日本とベトナムの両方に提出するのか。

手続きに関する疑問は結構ありました。

私たちが出生後にどういう手続きをしたのかをこの記事ではご紹介したいと思います。

お住いの地域によっても手続きの内容は変わってくるかと思いますのであくまで一例としてご覧いただければと思います。

出生後の手続き一覧

赤ちゃんが生まれてからだいたい以下のような手続きをしました。

名前を決める

なにはともあれ、赤ちゃんの名前を決めます。

出産前にすでに名前を決めている場合もあるかと思います。

私たちの場合は出生前に名前の候補を用意しておき、実際に顔を見て最終決定するという感じでした。

出生届を提出する

妻と赤ちゃんが病院から退院する際に出生届を産婦人科からもらいました。

その出生届を区役所に提出しに行きます。

出生届の提出期限は赤ちゃんが生まれてから14日以内のようですね。

詳細は「法務省:出生届」が参考になります。

私たちの場合はベトナムと日本の国際結婚なので、出生届を日本とベトナムの両方に提出するのかどうか、二重国籍になるのか等いろいろと疑問はありました。

結局のところですが、日本側に出生届を提出して日本国籍を取得することにしました。

ベトナム側に出生届を提出していません。

詳しいことは別の記事にまとめようと思います。

児童手当を申請する

出生届を提出する際に区役所で児童手当を申請しました。

児童手当については「児童手当制度のご案内: 子ども・子育て本部 – 内閣府」が参考になります。

提出物等は自治体のHPをチェックしました。

子ども医療費助成制度を申請する

出生届を区役所に提出する際に同時に子ども医療費助成制度を申請しました。

子ども医療費助成制度については各自治体で具体的な内容が変わってくるようです。

具体的な内容は各自治体のHPで確認するとよさそうです。

住民票を取得する

出生届を提出した直後にそのまま窓口で住民票を取得しました。

というのもマイナンバーを知るためです。

マイナンバーの通知書類は郵送されて届きますが、一定時間がかかるのでその間に健康保険証を取得したり、扶養に追加したい場合にマイナンバーを知っていないと困ります。

住民票はマイナンバーを記載することが可能なので、赤ちゃんのマイナンバーを確認することができます。

健康保険証を取得する

私は会社に勤めているので社会保険という形で健康保険に加入しています。

赤ちゃんを扶養に追加して保険証を発行してもらうために、会社に必要な手続きをしました。

まとめ

今回は出生後の手続きについて私たちの体験談をご紹介しました。

手続きはお住いの地域や状況によって結構変わる感じなので早めに調査して準備しておくと良さそうです。

ベトナム人の妻が日本で出産!妊娠から出産までの費用をご紹介

ベトナム人の妻が日本で出産!妊娠から出産までの費用をご紹介

はじめに

ついに妊娠を経て出産が終わりました!

私たち夫婦もお父さん、お母さんとなったのです。

夜中に陣痛が来て、そこから入院してしばらくして出産しました。

言葉で表現すると簡単ですが、実際の出産現場というのはドキュメンタリーのようなもので、いろんな局面と感情の起伏があるものですね。

夫である私は妻に寄り添うことしかできませんでしたが、無事出産が終わって安心しています。

さて、妊娠を経て出産が済みましたので、このタイミングで妊娠から出産までにかかった費用をまとめておこうと思います。

妊娠している方、これから子作りを控えている方の参考になれば幸いです。

とはいえ、置かれている環境によって費用は変わってくるでしょうから、あくまで一例として認識いただければと思います。

妊娠前

この段階ではまだ妊娠していません。

妊娠するための準備段階です。

私たちの場合には以下の費用がかかりました。

排卵日予測検査薬

妊娠するためには排卵日を把握すると良さそう、ということで排卵日予測検査薬を使いました。

だいたい10回分で3000円程度という感じでしたね。

妊娠検査薬

妊娠を確認するために妊娠検査薬を使いました。

だいたい2回分で1000円程度だったかと思います。

産婦人科

妊娠検査薬で陽性となったら産婦人科を受診します。

この時に胎嚢を確認してもらいました。

7000円くらいかかりましたね。

妊娠中

ここからが妊娠段階です。

妊娠中には以下のような費用がかかりました。

産婦人科通院

一番大きな比率を占めるのが産婦人科の通院でした。

心拍が確認できるまでは妊婦健診とは認められず、母子手帳とともに交付される補助券が使えない期間もあったりして費用が結構かかるかもしれません。

私たちの場合は、

  • 1回目(心拍確認前)
    • 5000円
  • 2回目(検査)
    • 19500円
  • 3回目(診察、ここから1ヶ月間隔になる)
    • 2000円
  • 4回目(診察)
    • 2000円
  • 5回目(診察)
    • 2000円
  • 6回目(診察、ここから3週間おきになる)
    • 2000円
  • 7回目(診察、ここから2週間おきになる)
    • 2000円
  • 8回目(診察)
    • 2000円
  • 9回目(診察)
    • 2000円
  • 10回目(診察)
    • 2000円
  • 11回目(診察)
    • 2000円
  • 12回目(診察、ここから1週間おきになる)
    • 2000円
  • 13回目(診察)
    • 3000円
  • 14回目(診察/骨盤レントゲン、ここから4日おきになる)
    • 3000円
  • 15回目(診察、ここから2日おきになる)
    • 2000円

ここまでの合計で52500円ですかね。

上記以外にも費用がかかっていたり、多少金額が前後しているかもしれません。

とはいえ、ざっくりとそれぐらいという感じです。

妊婦用品

妊娠中には妊婦の体のケアが大切になってきます。

栄養補給だったり、妊娠線のケアだったり、いろいろと費用はかかりました。

葉酸や鉄分を補うために「森永Eお母さん」を購入していましたが、これが月に2箱程度で2000円くらいです。

6ヶ月くらい飲んでいたので12000円くらいですね。

妊娠線のケアには「バイオイル」を使っており、60mlを3-4個、125mlを1個で約10000円程度かかった感じです。

他にもDHAや鉄分等のサプリメントを購入したりしましたが、5000円程度ですね。

抜けているかもしれませんが、だいたいそんな感じだったはずです。

出産入院

いざ陣痛が来て、陣痛が一定間隔より短くなると入院ということになります。

私たちの場合は、以下のような条件でした。

  • 土日深夜入院
  • 入院日数は7日間
  • 部屋は個室
  • 陣痛促進剤を使用
  • 立会い出産
  • 自然分娩

結局費用は総額で64万円程度でした。

そのうち42万円は出産育児一時金として健康保険から支給されるので、実際の負担は22万円でした。

出産後

こちらは出産後に用意してかかった費用です。

私たちの場合はある程度、家族や友人に頂いたのでかなり費用を抑えることができました。

出産後用品

出産後に必要となるようなものたちです。

多岐にわたるので細かくリストアップしてみます。

ベビーカー

私たちの場合はいただいたものを使用するので費用はかかっていません。

西松屋なんかでみてみると1万円前後で手に入る感じではあります。

ベビーベッド

私たちの場合はいただいたものを使用するので費用はかかっていません。

ネットで調べてみると1万円前後で手に入る感じがあります。

加湿空気清浄機

乾燥と汚れた空気は赤ちゃんの体に良くないだろうということで購入しました。

これがだいたい3万円前後でした。

電気ポット

ミルクを作ったり、手軽に暖かいお湯を用意できるので便利ということで購入しました。

これは8000円程度でした。

チャイルドシート

私たちの場合はいただいたものを使用するので費用はかかっていません。

車を使わないのであれば必要はなさそうです。

ネットで調べてみると1万円前後で手に入りそうですね。

洋服

こちらもいただいたものが結構多いので、自分たちではあまり多く購入していません。

1着1000円前後で、1万円程度購入購入した感じです。

その他

哺乳瓶や消毒液、ベビーオイル、タオル、お風呂セット、体温計、その他細々と必要なものはあったりします。

だいたい2万円程度かかった感じです。

定期検診

出産後も1ヶ月検診だったり、いろいろとかかりそうです。

費用の合計

妊娠前から出産直後までにかかった費用の合計をまとめてみます。

妊娠前

約1.1万円

妊娠中

約30万円

出産後

約6.8万円

まとめ

今回は妊娠から出産直後までにかかった費用をざっくりとまとめてみました。

赤ちゃんに必要なものを家族や友人から譲り受けた部分が多く、その点で費用負担が一定抑えられた感じです。

これから妊娠・出産を控えている方の参考になれば幸いです。

ベトナム人の妻が妊娠!育児休業に必要な手続きと制度の仕組みとは?

ベトナム人の妻が妊娠!育児休業に必要な手続きと制度の仕組みとは?

はじめに

ベトナム人の妻が妊娠して現在34週目に突入しました。

もうすぐ出産なので心配はありつつも楽しみな気持ちが強いですね。

この時期になると気になるのは出産後のことです。

妊婦は出産という大変なイベントを終えて気力体力ともに消耗することが想定されます。

また、出産後は赤ちゃんのお世話も待っています。

そんななかで夫である私に何ができるのかを考え、夫婦で話し合った結果として育児休業を取り入れてみることにしました。

世の中で育休、パパ活などと騒がれていますが、あまりその制度について知らなかったので調べてみました。

また、この記事を書いている時点で育児休業の手続きを進めていますので、実際の手続きの体験談をご共有できればと思います。

育児休業とは

育児休業というのは育児・介護休業法という国の法律で定められた国の制度です。

労働者に対して与えられた権利ですので、所属する組織によっては取得できないということはありません。

制度の概要

制度に関しては、厚生労働省が作成してガイドブックがあるのでみておくと良さそうです。

労働者と一口に言っても一定の条件があるようなので、要注意です。

厚生労働省が推進する育メンプロジェクトというのもあるようなので、合わせてみておくと良さそうです。

取得可能な期間

●原則として子が1歳に達する日※までの連続した期間

※1歳に達する日とは、1歳の誕生日の前日をいう。

●父母がともに育児休業を取得する場合は、子が1歳2か月に達する日までの間取得可能(パパ・ママ育休プラス)

ただし、父母1人ずつが取得できる期間の上限は、父親は1年間、母親は出産日・産後休業期間を含む1年間

●子が1歳に達する日において(1歳2か月までの育児休業を、1歳を超えて取得している場合は、その終了予定日において)、父母いずれかが育児休業中で、かつ次の事情がある場合には、1歳6か月に達する日までの取得が可能

厚生労働省のガイドブックより抜粋

とあるように、取得可能な期間というのは夫婦の状況に応じて変わってくるようです。

休業中の給与

育児休業給付の給付率は67%(休業開始後6か月まで、6か月経過後は50%)ですが、育 児休業中は社会保険料が免除になること、無給の場合は、所得税や雇用保険料が控除されな いことなどを考えると、実質的には休業前の手取り賃金の80%程度が手元に入る計算にな ります。パパの積極的な育児との関わりが期待されています。

厚生労働省のガイドブックより抜粋

休業中の給与は会社から支払われるわけではなく、国から支給されるようですね。

最初の6ヶ月は賃金の80%が得られるのはありがたいですが、最初の支給までに時間がかかったり、支給は毎月ではなく2ヶ月おきだったりするようなので、資金繰りは要検討という感じです。

育児休業給付金と呼ばれているようですが、詳しくはハローワークの資料を確認しておくと良さそうです。

育児休業の取得手続き

ここからは私の体験談になります。

育児休業の取得までの過程をご紹介します。

状況を確認する

私たち夫婦の両親は近くに住んでおらず、妻の出産にサポートを得ることが難しいと判断しました。

里帰り出産という手もあるようですが、妻の実家であるベトナムに帰るというのも大変です。

そんななかで育児休業を取得して夫が妻をサポートするという手もあることがわかりました。

調べてみると国の制度であり、労働者の権利であることがわかり、世間では育休が話題になったりして面白そうなので取得してみようと決めました。

期間を決める

育休を取得するとしてどれくらいの期間にするか夫婦で話し合いました。

育児休業給付金の額を想定すると長くて6ヶ月だろうという話があり、とはいえ6ヶ月会社の仕事を休むと復帰が大変だろうなというのも気持ちとしてはありました。

出産後の最低限の期間を考えると新生児と言われる生後28日間だろうという話もありました。

あとは、貯金や金銭状況等も考慮します。

結論としては、最低1ヶ月で長くとも2ヶ月ということにしました。

取得の手続きを進める

ここからは会社での手続きになります。

私は会社員として働いているので、会社に育児休業を取得することを伝えて手続きを進めることになりました。

まずは上長、チームに育児休業を取得する意思を伝えました。

そして、同時に人事にも取得する意思を伝えて、出産予定日や育児休業の開始予定日、取得予定期間等の細かい点を共有しました。

細かい書類の提出に関しても説明を受けましたが、ここでは割愛します。

おそらく状況に応じて変わってくるはずです。

育児休業の流れ

この記事を書いているいま想定している育児休業の流れは以下の感じです。

  • 出産予定日の前週あたりから在宅勤務
  • 出産予定日の前日と当日はお休み(慶弔休暇)
  • 出産翌日から育児休業開始
  • 育児休業終了予定日付近から在宅勤務で徐々に復帰

幸い、職業的にも会社的にも在宅勤務が可能なので上記のような流れで職場復帰する想定ができました。

出産予定日が前後した場合については、上記の予定も前後するという感じですね。

まとめ

今回は妊娠に関連して育児休業について話題にしてみました。

子育てに関しては国としても制度を整えていることを感じましたね。

また関連する情報があったら記事にしてまとめてみようと思います。

ベトナム人の妻が妊娠しました!産婦人科の選び方とは?

ベトナム人の妻が妊娠しました!産婦人科の選び方とは?

はじめに

前回の記事からだいぶ時間が経ってしまいました。

前回は、みなさんに妊娠のご報告をすることができました。

今回は前回に引き続き妊娠関連の話題をお届けしようと思います。

今回の話題は産婦人科の選び方です。

産婦人科は妊娠から出産までのあいだお世話になるので納得した上で選択することが大切だと思っています。

そんな私たちも最初はどの産婦人科にすれば良いのかわかりませんでした。

そんななかでいまでは納得できる産婦人科を見つけることができましたので、どうやって産婦人科を選んだのかをみなさんとご共有したいと思います。

私たちの産婦人科の選び方

ここで書いているのは私たちの産婦人科の選び方です。

実際に何を考えてどのように行動してきたかをそのまま書いています。

あくまで体験談なので、みなさんはこの通りにする必要はまったくありません。

なにかしらの参考になれば幸いです。

近くの産婦人科に行ってみる

ベトナム人の妻の妊娠が発覚してからすぐに家の近くにある産婦人科を探しました。

インターネットで家の近くの産婦人科を調べたところ、数件がヒットしました。

その中から駅から近い産婦人科を選び、すぐに妻を連れて産婦人科に向かいました。

事前にインターネットで予約をして当日はスムーズに診察を受けることができました。

施設自体は新しく綺麗なものです。

出産までにどのような手続きがあるかわからず、この産婦人科で出産することになるのだろうと思っていました。

出産までの手続きがよくわからない

心拍が確認できるくらいまでは2週間に1回のペースで診察を受けました。

その間に母子手帳というものが存在しており、母子手帳をもらう際に補助券がもらえて毎回の診察の費用負担が軽くなることを知りました。

しかし、産婦人科では何も情報が得られずいつ母子手帳を取得するのかわかりません。

よくわからないままに前回の記事にもあるように母子手帳を取得しにいきました。

引き続き受診を続けましたが、出産予定日や出産までの流れが全く情報として得られず不安を抱き始めました。

こちらが知りたいことを質問すれば教えてくれるというスタンスのようですが、これは私たちにとっては困ります。

これが私たちにとって初めての妊娠・出産なので、そもそも質問を用意することすら難しいわけです。

質問をするためには前提知識が必要となりますが、私たちには前提知識がないのですから質問はできず、したがって欲しいはずの情報を得られないという状態になることは容易に想像がつきました。

この頃から他の産婦人科をいくつか見てから選んだ方が良いのでは?という気持ちが強まりました。

他の産婦人科に行ってみる

私たちにとって妊娠、出産というのは初めてのイベントです。

妊娠から出産までの間にどのような手順があり、いつ何をするのか、いつまでに何をしなければならないのか。

そういった情報が手に入るような産婦人科を探すことにしました。

幸い、家の近くに他の産婦人科を見つけることができたので診察に向かいました。

この産婦人科は前回の産婦人科とは異なり、情報提供が豊富でした。

妊娠から出産までの流れがA41ページにまとめられており、出産時の入院のプランがパンフレットにまとめられていました。

受付の方は親切でこちらが聞きに行かずとも知っておくべきことを教えてくれます。

待合室には地域で行われる妊婦関連のイベント情報が掲載されていて安心感がありました。

納得した上で産婦人科を決める

新しい産婦人科で診察を受けてみて、私たちにとってはこちらの産婦人科が適していると感じました。

1回目の診察の終わりにはこちらの産婦人科に出産をお願いすることに決めました。

産婦人科というのは基本的には出産することを前提にして受診できるようになるようです。

たとえば他の産婦人科で出産をするつもりなのにこちらの産婦人科で診察を受けることはできないということです。

しかし、妊娠初期のころはその限りではなく、胎嚢が確認できて心拍が確認できるようになるまでくらいは複数の産婦人科で診察を受けてみて自分達に合った産婦人科を探すのも手だと思います。

まとめ

ベトナム人の妻が妊娠しました!産婦人科の選び方とは?

今回の記事では私たちの産婦人科の選び方をご紹介しました。

周りの話を聞いていると自分たちに合わないけれども仕方なく産婦人科を決めて仕方なく出産まで受診し続けるケースが少なくないようです。

そして、やはり出産の時に嫌な経験をしたという話も聞きます。

自分たちが納得しないままに出産まで同じ産婦人科に通い続けることは私たちにとっては難しいことでした。

だからこそ、納得できる産婦人科を探して私たちは幸いにも納得できる産婦人科を見つけることができました。

いま妊娠していて産婦人科を探しているのであれば、ぜひいろんな産婦人科に足を運んでみてください。

納得できる産婦人科が見つかれば出産まで気持ちよく過ごすことができるはずです。

ベトナム人の妻が日本で妊娠!初診から母子手帳の取得まで

ベトナム人の妻が日本で妊娠!初診から母子手帳の取得まで

みなさんお久しぶりです。

月日が流れるのは早いもので、もう桜が咲く季節になりました。

私たち夫婦は結婚して2年半が経とうとしています。

まだかまだかと待ち焦がれていたのが、そう赤ちゃんです。

突然のご報告にはなりますが、ベトナム人の妻が妊娠しました。

そこで、妊娠というカテゴリを設けて記事を書いていくことにします。

初めての妊娠なので、わからないことや困ることが多いと思います。

そんな中でわかったことや調べたことをみなさんにご共有できればと思いますので、

関心のある方はどうぞお付き合いください。

そろそろ子どもが欲しい

結婚から2年半が過ぎ、しばらくは金銭的に厳しい状況もありました。

しかし、最近ではある程度生活にも余裕が出てきたこともあって夫婦の間ではよく赤ちゃんの話が出るようになりました。

周りの友人、家族にも続々と赤ちゃんが誕生していることもありました。

そんなこんなで私たち夫婦も赤ちゃんが欲しいなということになり、準備を始めることとなったのです。

なかなか子どもができない

ベトナム人の妻は生理周期を記録していたこともあり、最初のうちは「そろそろ排卵日だろう」というタイミングで性行為をしていました。

このやり方では本当に排卵日に性行為できているのかわかりません。

また、不確定要素が多いなかで初めての妊娠なので、そもそも自分が妊娠できる体なのかどうかということをベトナム人の妻は気にしていました。

この時期に妻の不安を払拭するために、産婦人科で診察を受けました。

結果としては、妊娠は可能な体であることがわかり、妻としては安心できたようです。

ここから不確定要素を排除して妊娠に励むようになりました。

妊娠するために

まずは妊娠するところからです。

妊娠するためにはいろいろと条件があることがわかりました。

参考:妊娠のしくみ|妊娠のこと|妊娠・出産の正しい知識|丘の上のお医者さん 女性と男性のクリニック

排卵日を確認する

まずは排卵日を確認すること。

排卵日を確認するためには「排卵日予測検査薬」を使用しました。

検査薬は少なからず出費にはなりますが、正確な排卵日を知るためにはかなり有用だと感じました。

妊娠検査薬で妊娠をチェックする

妊娠したかどうかを確認するためには、「妊娠検査薬」を使いました。

生理予定日の1週間後に検査薬で妊娠をチェックします。

基礎体温をチェックする

「排卵日予測検査薬」と「妊娠検査薬」を使うことで排卵日と妊娠をチェックできます。

その上で、基礎体温の推移をチェックすればより正確に妊娠までの状態変化を確認できるようになるようです。

参考:基礎体温と妊娠 | 楽天キレドイナビ

ついに妊娠したみたい

初めの2-3ヶ月くらいは正確な排卵日を確認していませんでしたが、その後不確定要素を排除して妊活に取り組んだところ、無事に妊娠することになりました。

最終の生理が2月10日頃で、排卵日が3月5日でした。

そして、3月21日に妊娠検査薬を使用して陽性であることが判明しました。

そこから数回妊娠検査薬を使い、線が徐々に濃くなったことから、妊娠が濃厚であるとわかりました。

妊婦健診に行ってみる

妊娠検査薬で陽性が出たので、その1週間後に産婦人科へと向かいました。

超音波検査で無事妊娠していることが確認でき、胎嚢の写真をもらいました。

まだ心拍の確認はできないので、2週間後に再び通院することになったのです。

母子手帳を受け取りに行く

ベトナム人の妻が日本で妊娠!初診から母子手帳の取得まで

妊娠が発覚したら、まずは母子手帳を取りに行くようです。

この母子手帳を受け取る際に「妊婦健康診査受診票」をもらえます。

産婦人科での妊婦健診の際にこの受診票を提出すると負担する費用が少なくなるようです。

これは使わない手はないというわけです。

前回の妊婦健診の際の費用が7000円でしたので、これが安くなるのであればぜひ活用したいですね。

というわけで母子手帳を受け取りに行きました。

母子手帳を受け取る場所はどこか

母子手帳を取得する場所はどこかと調べてみたところ、各市区町村で発行しているようです。

私たちは東京都江戸川区で暮らしているので、調べてみたところ「健康サポートセンター」で取得できることがわかりました。

参考:妊娠届・母子健康手帳 江戸川区ホームページ

上記のような感じで調べてみれば、お住いの地域で母子手帳を受け取る場所がわかるかと思います。

母子手帳を受け取る際は何か準備が必要か

これはあくまで私たち夫婦の場合ですので、みなさんのお住いの地域では異なる対応になっているかもしれません。

私たちの場合は、以下のような形式の妊娠届を窓口で受け取り、必要事項を書いて提出しました。

参考:妊娠届 記入例

窓口での手続きとは

窓口では妊娠届けを提出した後に、簡単な面談が行われました。

私の感覚ではありますが、この面談の目的は妊婦をサポートすることだと感じました。

基本的には「妊婦届」の質問票に並べられた項目について質問をいただく形で、「不安なことはありませんか?」、「心配なことはありませんか?」という感じでした。

面談が終わると、母子手帳や関連する資料の説明を受けて一通りの手続きはおしまいです。

妊婦に対するサポートはかなり充実しているという印象を受けました。

まとめ

今回の記事では妊娠を目指してから、妊娠を経て母子手帳を受け取るところまでをご紹介しました。

妊娠」カテゴリを作成して、妊娠から出産に至るまでの体験談を記事としてご紹介していく予定です。

関心を持たれた方はぜひ定期的にご覧いただければと思います。

ベトナム人の配偶者ビザ更新!名古屋入国管理局での手続きとは?

ベトナム人の配偶者ビザ更新!名古屋入国管理局での手続きとは?

今回は配偶者ビザ更新手続きについてご紹介いたします。

私たちにとっては2回目の更新手続きとなります。

基本的には前回と同じ更新手続きとなります。

ですので、更新手続きの内容を詳しく知りたいという方は以下の記事をご覧ください。

ベトナム人の配偶者ビザ更新手続き!必要な準備と手続きの流れとは?

以下では2回目の配偶者ビザ更新手続きの概要と結果をご共有いたします。

配偶者ビザ更新手続きの場所

名古屋入国管理局で配偶者ビザの更新手続きをしました。

名古屋駅からあおなみ線で約15分程度の距離にあります。

時間帯にもよりますが、15分に1本という運行間隔なので急いでいる方はご注意ください。

あおなみ線時刻表

配偶者ビザ更新手続きの時期

配偶者ビザの更新手続きは在留期限の約3ヶ月前から行うことが可能です。

法務省:在留期間更新許可申請(日本人の配偶者)より

3ヶ月前から更新手続きが可能であることを忘れており、私たちは1ヶ月前に更新手続きを始めました。

実際には、1ヶ月半前から必要書類等を各行政機関に手配・取得しています。

忙しい方はやはり、2ヶ月程度前から更新の準備を進めた方が良いかなという印象です。

配偶者ビザ更新手続きの流れ

私たちは今回、2回目の更新手続きだったので特に困ることなく手続きを進めることができました。

詳しい更新手続きの内容は以下の記事をご覧ください。

ベトナム人の配偶者ビザ更新手続き!必要な準備と手続きの流れとは?

10月中旬 必要書類取得

10月下旬 配偶者ビザ更新申請

11月下旬 申請結果を知らせるハガキが届く

12月初旬 配偶者ビザ受取

申請後の審査には約1ヶ月程度かかるようですね。

配偶者ビザ更新手続き完了

ベトナム人の配偶者ビザ更新!名古屋入国管理局での手続きとは?

ハガキを持って名古屋入国管理局へと向かいます。

収入印紙は、名古屋入国管理局内にあるローソンで購入可能です。

その後、7番の窓口に直行します。

受付番号をもらって、待ちます。

11時30分に7番の窓口に向かい、12時には在留カードを受け取りました。

約30分で受け取ることができました。

名古屋入国管理局は早くていいですね。

配偶者ビザの期間

1回目の更新手続きでは期間が1年でした。

今回は2回目の更新手続きで、期間は3年でした。

ようやく3年を取得することができました。

したがって、次は永住権の取得手続きを目指すことになります。

日本人の配偶者の永住権の取得手続きに関しては、また別の記事でご紹介いたします。

まとめ

2回目の配偶者ビザ更新が無事完了しました。

3年在留期間を取得できましたので、毎年更新する手間が省けてうれしい限りです。

次は永住権の取得に進んでいきます。

ベトナムと日本の生活習慣の違いとは?ベトナム人の妻が比較しました

日本とベトナムの生活習慣の違いとは?ベトナム人の妻が比較しました

ベトナム人の妻が日本で暮らし始めてから2年程度が過ぎました。

当初は日本での生活に戸惑うこともありましたが、最近ではベトナムよりも日本での生活に慣れてきたのでベトナムに戻って生活するのが心配とまで言っています。

そんな妻が日本で2年を過ごす中で感じたベトナムと日本の生活習慣の違いをまとめてくれました。

日本とベトナムの生活を体験したことのある方であれば共感いただける点が少なくないはずです。

まだ日本とベトナムの両方の生活を体験したことのない方にとっては、生活習慣の違いを感じていただけるかと思います。

それではご紹介していきます。

日本とベトナムの生活習慣の違い

ベトナムと日本の生活習慣の違いとは?ベトナム人の妻が比較しました

世界にはたくさんの国があります。

それぞれの国が独自の文化を持っており、どの文化にも優劣はありません。

日本には日本の文化があり、それは日本の歴史であり過去の人たちが積み重ねてきた年輪のようなものです。

ベトナムの文化に関しても同様です。

1つの国に属してきた人が別の国で生活することで自国との文化の差をより知ることができます。

同時に、これまで当たり前だと思っていた自国の文化に対する見方も変わってくるはずです。

以下では、ベトナムで生活していた妻が日本で生活して気づいた生活習慣の違いをご紹介していきます。

感じ方は個人差がありますので、必ずしもみなさんの認識とは合致しないかもしれません。

その前提でご覧ください。

食事

ベトナムと日本の生活習慣の違いとは?ベトナム人の妻が比較しました

家族で食事する風景を思い浮かべて見てください。

みなさんはどのような食事風景を思い浮かべますか。

妻は驚いていました。

妻がベトナムで生活しているときは、家族で食事をする際は1つのお皿に食事を盛り付けて食べていました。

しかし、日本に来てひとりひとりにお皿を用意して食事を盛り付けていることに驚いていました。

ベトナム

ベトナムでは1つのお皿に食事を盛ってみんなで食べる

日本

日本ではひとりひとりにお皿を用意して食べる

お風呂

お風呂に関してはみなさんも想像がつくかと思います。

妻はベトナムでは湯船に浸かったことがありませんでした。

普段はシャワーを浴びていたわけですが、日本に来てからは湯船に浸かるようになりました。

最初は湯船に浸かることに驚いていましたが、今では冬の寒い中で湯船に浸かる心地よさを実感しているようです。

また、温泉でみんな裸になってお風呂に入ることにも驚いていました。

裸で見ず知らずの人とお風呂に入ることに抵抗があったようです。

しかし、今ではすっかり温泉にも慣れてしまいました。

ベトナム

湯船には浸からずシャワーを浴びる

日本

湯船に浸かる

温泉で見ず知らずの人と共に湯船に浸かる

洗濯

これは日本の文化かどうか怪しいです。

みなさんは洗濯するときにお風呂の残り湯を使いますか。

妻は驚いていました。

私たちはお風呂の残り湯を使って洗濯をします。

ベトナムではそもそも湯船に浸からないので、残り湯を使うという発想がないわけです。

妻はお風呂の残り湯を使うことに驚くと共に、水の有効活用だと感心していました。

ベトナム

洗濯はお風呂の残り湯を使わない

日本

洗濯はお風呂の残り湯を使う場合がある

服装

妻が日本に来て最初のうちは私の実家で私の両親と共に生活していました。

そんなときに妻は私の母に言われて驚いたことがありました。

外に出かける際は部屋着ではなく、外用の服装に着替えることを勧められたようです。

みなさんはいかがでしょうか。

これはかなり個人差があるかと思いますが、妻は驚いていました。

ベトナムでは部屋着のまま外に出かけたり、近所に買い物に行ったりするようです。

わざわざ着替えて近くに出かけることに驚いていました。

ベトナム

近くに出かけるときは部屋着のまま出かける

日本

近くに出かけるときでも外用の服装に着替える

優先席

ベトナムと日本の生活習慣の違いとは?ベトナム人の妻が比較しました

皆さんご存知のように、日本ではバスや電車には優先席があります。

ベトナムのバスにも優先席があるようです。

私は気づかなかったのですが、妻曰く、日本では優先席付近に妊婦や高齢者がいても優先席に座っている若者が席を譲らない。

そのことに妻は驚いていました。

どうやらベトナムでは優先席に座るべき人に席を譲る人が多いようです。

ベトナム

優先席を優先席に座るべき人に譲る人が多い

日本

優先席を優先席に座るべき人に譲らない人が多い

トイレ

みなさんはトイレに関してどう思いますか。

日本に来て妻が驚いていたわけです。

ベトナムのトイレにはハンドシャワーがついています。

日本のトイレにはハンドシャワーがついていませんが、ウォシュレットがついていることがあります。

最初はハンドシャワーを恋しがっていましたが、今となってはウォシュレットが習慣となっているわけです。

また、ベトナムのトイレではトイレットペーパーを流さず、ゴミ箱に捨てます。

日本ではトイレにトイレットペーパーを流すので、やはり驚いていました。

妻の母親が来日した際も、驚いていました。

ハンドシャワーを使わず、日本の家庭のトイレは床が濡れていないと。

ベトナム

トイレではハンドシャワーを使う

トイレットペーパーをゴミ箱に捨てる

日本

トイレではウォシュレットを使う

トイレットペーパーはトイレに流す

契約

契約に関してはみなさんどう思われますか。

インターネットやSIMカード、マンション等いろいろあります。

特にSIMカードに関しては、ベトナムでは街角の売店で手に入れることができます。

日本ではSIMカードを手に入れるために本人確認だとか期間契約だとかが必要になってくるので面倒だと妻は驚いていました。

また、マンションの賃貸契約に関しても日本では敷金や礼金があり、費用が高いことに驚いていました。

ベトナム

SIMカードは街角の売店で入手可能

日本

SIMカードは契約して入手可能

マンションの賃貸契約の際に敷金や礼金が発生する

公共の場

ベトナムと日本の生活習慣の違いとは?ベトナム人の妻が比較しました

生活するにあたり、街を歩くわけです。

スーパーに行ったり、電車に乗ったり、食事に出かけたり。

そんなときに、妻はベトナムと日本の違いを感じるようです。

ベトナムには町のいたるところにゴミ箱が設置されています。

にも関わらず、町にはゴミがポイ捨てされています。

一方、日本では町にゴミ箱が設置されていることが少ないです。

ですが、町にはゴミがポイ捨てされていません。

ポイ捨てはありますが、目立つほどではないという感じです。

ゴミ箱がないのにゴミがポイ捨てされていないことに妻は驚いていました。

ベトナム

町のいたるところにゴミ箱が設置されている

町にポイ捨てされたゴミが多い

日本

町にゴミ箱が少ない 町にポイ捨てされたゴミが少ない

まとめ

ベトナムと日本の生活習慣の違いとは?ベトナム人の妻が比較しました

今回の記事では、ベトナム人の妻から見たベトナムと日本の生活習慣の違いをまとめました。

それぞれの国で文化の違いがあり、特徴があることに気づかされます。

みなさんはどのように感じましたか。

それでは今回の記事はこの辺にしておきましょう。

ありがとうございました。