ベトナム人の妻も驚愕!ビットコインでデビットカード支払いできます!

ベトナム人の妻も驚愕!ビットコインでデビットカード支払いできます!

今回はビットコインに対応したデビットカードをご紹介します。

最近、私の周りでは仮想通貨の話題がちらほら入ってくるようになっています。

私自身もcoincheckという取引所でリップルコインを購入してみました。

こちらの記事でご紹介していますので、ご参照ください。

coincheckでリップルコインを買ってみた!始め方とは?

仮想通貨について調べていたところ、ビットコインに対応したデビットカードがあることがわかりました。

ビットコイン対応のデビットカードについて調べてみましたので、ご共有いたします。

それでは見ていきましょう。

ビットコインとは

ビットコイン(英: bitcoin)とは、公共トランザクションログを利用しているオープンソースプロトコルに基づくPeer to Peer型の決済網および暗号通貨である。

ビットコイン – Wikipediaより

個人間で取引できる通貨というわけですね。

bitFlyerという取引所でもビットコインに関する説明がありますね。

ビットコイン(Bitcoin)とは仮想の通貨【bitFlyer】

デビットカードとは

デビットカード(英: debit card)とは、預金口座と紐付けられた決済用カードである。金融機関(一般的に銀行)が発行し、このカードで決済すると代金が即座に口座から引き落とされる仕組み。

デビットカード – Wikipediaより

クレジットカードは引き落としが即座ではありませんが、デビットカードでは入金しておいた資金の中から代金が即座に支払われるわけですね。

ビットコイン対応のデビットカード

バンドルカード

実際に登録してカードを発行してみました。

まずは、アプリをダウンロードします。

そこで、バーチャルカードとリアルカードを発行できます。

リアルカードの発行には300円必要になります。

ビットコインによる入金が可能です。

コンビニなどのvisaが使える場所では基本的には対応しているようです。

今回リアルカードを発行するところまで手続きを進めてみましたが、いくつか戸惑う点がありましたので、ご共有しておきます。

チャージってどうやるの?

リアルカードを発行したかったのですが、300円の発行手数料が必要になります。

発行手数料をビットコインで支払うという選択肢がありますので、とりあえず1000円としてビットコインの送金を行いました。

しかし、この際指定された金額以上のビットコインを送金してしまいました。

すると、反映されませんでした。

調べてみたところ、サポートに記述がありました。

トランザクションが承認されていてもチャージされない場合は、送金金額が合致しない、あるいは10分以上経って送金されるという理由でエラーになっている可能性があります。その場合は、アプリのビットコインチャージ画面にある、【返金フォームはこちら】からお問い合わせください。

ビットコインチャージのご利用規約 – バンドルカード サポート

結局、返金フォームから返金依頼を出しておきました。

そして、再度指定されたビットコイン数で送金したところ、即座にチャージ完了画面に遷移しました。

ベトナム人の妻も驚愕!ビットコインでデビットカード支払いできます!

これですぐにトップ画面で金額が反映されるものかと思っていましたが、実際にトップ画面の残高にチャージした金額が反映されるまでに40分くらいかかりました。

ベトナム人の妻も驚愕!ビットコインでデビットカード支払いできます!

また、残高に反映された際には通知が来ました。

ちなみに、カード発行の際にギフトコードの入力欄がありますが、以下のコードを入力すると私とあなたに200円プレゼントされるようです。

7phk47

登録の際に入力していただければ、お互いハッピーですね。

wirexカード

どうにもバンドルカードの手続きがうまくいかなかったので、wirexカードの発行手続きも同時に進めていました。

こちらは、日本円建てで使用することができません。

ドルやユーロには対応しているようです。

したがって、コンビニ等で使用する場合にはドルから円へ変換する手数料が3%発生するようです。

e-coin(Wirex)のデビットカードを実際にコンビニで使ってみた|証拠画像あり – サラリーマンの仮想通貨活用術

また、こちらもリアルカード(プラスチックカード)を発行できますが、手数料として17ドル必要になりました。

そして、visaだけではなくmastercardにも対応しているようです。

とりあえず、私はこちらのカードも発行しておきました。

uquidカード

私は発行していませんが、uquidカードというデビットカードもあるようです。

こちらのカードはビットコインだけはなく、ビットコインの代替であるオルトコインにも対応しているようです。

リップルコインもオルトコインの一種ですね。

また、機会があれば発行してみようと思います。

まとめ

今回はビットコインに対応したデビットカードをご紹介しました。

仮想通貨に関してはまだまだ初心者ですが、使ってみて理解していこうと思っています。

ベトナム人の妻は仮想通貨よくわからないって言っていますが、デビットカードを使ってもらい、その便利さを知ってもらえるかなと思っています。

ビットコインはどこにいても送金できますし、必要な金額だけを即座にデビットカードに反映させて使用できるというのはとても便利ですね。

しばらく使ってみようと思います。

関連記事