ベトナム行きの航空券の買い方とは?名古屋からホーチミンへ

ベトナム行きの航空券の買い方とは?名古屋からホーチミンへ

 

今回はベトナム行きの航空券の買い方を調べましたので、まとめとしてご紹介いたします。

また、私たちは名古屋に住んでいますので、空港は中部国際空港となります。

 

名古屋とベトナムを結ぶ航空会社とは?

名古屋とベトナムを結ぶ空港会社には、中国東方航空、中国南方航空、アシアナ航空、中国国際航空、キャセイパシフィック航空、日本航空、全日空、ベトナム航空などがあります。

詳しくはこちらからご確認ください。

 

直行便と経由便の違いとは?

名古屋からベトナムまで飛行機で移動する場合、直行便と経由便(乗り継ぎ便)があります。

名古屋からホーチミン市までの直行便のフライト所要時間は、往路が5時間50分~6時間20分、復路は4時間45分~5時間10分が目安です。

名古屋⇔ベトナム 直行便フライト時刻表

一方の経由便ですが、航空会社にもよりますが、10時間から20時間というものもあるようです。

直行便と経由便の金額を比べると、直行便が500ドルから1500ドル程度で、経由便が300ドルから500ドル程度という感覚です。

 

お得な買い方とは?

国際線の航空券を買う際にはポイントがあるようです。

1. 予約のベストタイミングは出発の8週間前で、最も安く航空券を購入できる(人気渡航先9カ国・地域の年間平均値)。

海外航空券のブッキングは8週間前がお得!

 

航空券の種類とは?

航空券には種類があります。エコノミーやビジネスといった種類はご存知かと思います。しかし、実は航空券の種類によってキャンセルの際に支払い料金が帰ってこない場合や、日程の変更ができない場合があります。

以下のベトナム航空のホームページに詳しく記載されているので参考になるかと思います。

ベトナム航空日本発運賃規則

 

私の経験として言えること

・航空券は3ヶ月前くらいが安く、だいたい往復500ドル程度で購入します

・500ドルの往復航空券はキャンセル不可、日程変更不可なものが多い印象です

・渡航1週間前に航空券を買おうとすると場合によっては1200ドル程度になる場合があります

・ベトナム航空に限らずですが、荷物を預けるのが早いと到着地で荷物をピックアップする際の待ち時間が長いです(先入れ後出し方式なのでしょう)

関連記事