ベトナムで「君の名は。」公開!妻も涙する感動の映画でした

ベトナムで「君の名は。」公開!妻も涙する感動の映画でした

先日「君の名は。」をベトナム人の妻と一緒に観ました。

日本では2016年8月に上映が開始されました。

ベトナムでは2017年1月13日から上映が開始されています。

「君の名は。」

概要

「君の名は。」は、日本で8月に公開され、1月9日時点で興行収入229億2000万円を突破し、「千と千尋の神隠し」と「タイタニック」、「アナと雪の女王」に続いて、日本における歴代興行収入ランキング4位、邦画では2位に立っている。

映画「君の名は。」ベトナム公開、新海誠監督のノイバイ空港CMに再注目

舞台

舞台に関する情報はこちらでまとめられているのでご覧ください。

日本では「聖地巡礼」という言葉があり、映画の舞台になった場所を「聖地」と呼び、足を運ぶことがあります。

「君の名は。」の聖地巡礼を詳細しているホームページを見つけたので気になる方はご覧ください。

君の名は。 舞台探訪(聖地巡礼)~飛騨・高山、名古屋駅 等~

ストーリー

時空を超えて異なる土地で生まれ育った男女の心が入れ替わり、2人はやがて結ばれる恋愛ストーリーです。(個人的な解釈ですが)

詳しくは本家のホームページをご覧ください。

監督

新海誠(しんかいまこと)監督です。

私は「秒速5センチメートル」という映画で彼の存在を知りました。

感想

ベトナム人の妻と一緒に観ましたが、彼女も感動しているようでした。

思わぬ展開があり、その都度心が動かされていました。

私たちもベトナムと日本で結ばれて結婚に至りましたが、もしかすると何かの「結び」があって一緒になったのかもしれません。

そんな心温まる映画でした。

これほど感動する映画は久しぶりです。

外国の方々にとっても、日本の文化が紹介されているので面白く観られるのではないでしょうか。

おすすめです。

関連記事