ベトナム人の彼女と結婚したので、内祝いにカタログギフトを選んでみよう

ベトナム人の彼女と結婚したので、内祝いにカタログギフトを選んでみよう

ベトナム人の彼女と結婚しました。

そこで、日本で親戚を集めた披露宴を行ったのですが、その場で結婚祝いをいただきました。

なので、そのお返しとして内祝いを送ることになりました。

とはいえ内祝いに何を贈ればいいのか、どうやって送るのか全くわかりませんでした。

今回は、結婚内祝いとしてカタログギフトを送るまでに調べたことをまとめてみます。

結婚内祝いとは

ご祝儀や結婚祝いをくれた人の中で、披露宴に招待できなかった人や、ご招待したけど出席できなかった人にお祝いのお返しをするのがマナー。 結婚内祝いの金額は地域によって差もあるけど、いただいたお祝いの半額程度の品物を贈るのが一般的。 結婚内祝いは挙式後1カ月以内に直接持参するか宅配などで届くようにするのが相場

お役立ちコンテンツ 結婚内祝いの常識&マナー

カタログギフトを送る

それでは、実際にカタログギフトを送っていきます。

流れ

  1. カタログギフトを調査する
  2. カタログギフトを決定する
  3. カタログギフトを送る

カタログギフトを調査する

Googleで「結婚内祝い カタログギフト」で調べてみます。

すると、検索結果にカタログギフト専門店のホームページが出てきます。

この中から選んでいけば良さそうですね。

金額、カタログで扱われている商品、送りやすさがポイントとなりそうです。

カタログギフトを決定する

私たちの場合ですと、以下が条件となりました。

  • 価格帯としては3000円から4000円程度
  • 送料無料
  • カタログ内で扱われている商品に納得できる
  • 複数人に送るため、発送の登録が簡単かどうか

結果としては楽天のカタログギフト専門店を利用することにしました。

本当は高島屋のカタログギフトを利用しようと思っていましたが、どうもうまくいかなかったので楽天を選びました。

カタログギフトを送る

実際に送る手順は以下の通りでした。

  1. 選んだカタログギフトを選ぶ
  2. 個数を設定して買い物カゴに追加する
  3. 支払いに進む
  4. 送付先の住所を入力する(人数分)
  5. 包装方法、のし、用途などを記入する
  6. お会計を済ませる

感想

楽天市場を利用したのですが、このサイトはコンテンツがごちゃごちゃしていて見にくい印象を受けました。

楽天市場を選んだ理由は、欲しいカタログギフトがあり、楽天ポイントがつくことくらいでしょうか。

当初は、高島屋のカタログギフトを選んで会計の画面まで進んだのですが、どうもクレジットカードの入力の際に、不具合が発生したので泣く泣く別のお店を選ぶことになりました。

原因はわかりませんが、クレジットカード番号を入力しても一向に受け付けられなかったことを覚えています。

関連記事